大阪のインプラントは当インプラントセンターにお任せ下さい。

骨の造成・再生が必要なケース

骨の造成・再生が必要なケース

骨の造成・再生が必要なケース

骨の量は個人差があり、それによってインプラントの成功率は変わってきます。例えば、重度の歯周病の場合や、長期間歯を抜けたままにしておいた場合などには、顎の骨がやせてしまうことが多く、手術前にCTを撮影するとインプラントを埋入するための十分な骨の高さがなかったり、幅がなかったりということが生じます。その場合に骨の造成・再生が必要となってきます。