大阪のインプラントは当インプラントセンターにお任せ下さい。

他のクリニックとここが違う!

他のクリニックとここが違う!

インプラントに対する基本的な考え方が違います!

現在では、多くの歯科医院でインプラント治療を行えるようになりました。「インプラント」という言葉も広く認知されるようになり、日本でもインプラント治療を希望される患者さんが年々増えております。特に、多くの医師や患者さんのイメージとして、「インプラントは口に埋め込んだら終了」と認識されているようです。しかしながら、インプラントは手術を確実に行うのはもちろんの事、手術後にインプラントで再生された新しい歯が、きちんと噛めるようになって初めて完了するものです。 つまり、考え方としては入れ歯と同じです。良い入れ歯とは、入れ歯自体の出来より患者さんがちゃんと快適に噛むことができるかどうかが一番大事なはずです。インプラントも同じです。OIRMCでは、この原則に基づいてインプラントを行うことによって、患者さんの人生がさらに豊かになるよういつも心がけています。


他のクリニックで治療を断られた患者さんにも来ていただけます!

インプラントは、歯科医療の中でも高度なテクニックを要求される治療です。しかも、インプラントは患者さんの顎の骨の量に大きく関係するため、インプラントを埋め込む骨が少なかったり足りなかったりした場合、オペが困難となります。ゆえに、まだ実績の浅いドクターではこういった難症例に対応できません。OIRMCは、こういった他の医院で治療を断られた患者さんが多く来院され、皆様にインプラント治療を提供しています。このような骨の量が足りない場合には「骨移植」「サイナスリフト」「GBR法」等の骨を増やすための特殊なテクニックを用いてオペを行っています。


インプラントドクターの育成と日本のインプラントの発展に尽力しています!

OIRMCのセンター長である河村達也は、最新鋭インプラントメーカー・アストラテックジャパンの公認講師を務めております。これからインプラントを学ぼうとしている歯科医師のインプラント指導に力を入れています。また、平成20年6月3日から8日まで、アメリカのワシントンDCで開催されたアストラテックワールドコングレスというインプラントの学会に日本の代表として招待されました。 世界のトップクラスのドクターや研究者が一堂に会し、最新のシステムやテクニックについて発表が行われました。河村も日本の代表として講演を行いました。これからも日本のインプラント医療がより良い環境を患者さんへ提供できるように、日々取り組んで参ります。