大阪のインプラントは当インプラントセンターにお任せ下さい。

インプラント施術後の方へ

本来、インプラント治療は、世界的にみても96%の成功率となっており、非常に成功率の高い治 療方法ではあります。
患者さんの骨の状態、クリニックの衛生管理、医師の技術が整っていれば、インプラントは無事 に顎の骨に埋入され、数ヶ月後には骨と結合し、天然の歯と変わらない噛み心地を再現してく れるはずです。
なかなか、今更聞けないことなどもしよろしければ当院にご相談ください。

インプラントを施術後の方から寄せられる不安

インプラントが数週間の間にとれそうで不安です。

細菌感染により、インプラントの初期固定が得られていない状態。初期固定が得られない場合は、インプラント が骨と結合できないので、再度埋入手術を行うことが必要な可能性があります。

数日たっても腫れが引かない・痛みがある

骨の治療を行ったり、埋入した本数が多い場合は、外科的侵襲が大きいため、腫れや痛みがしばらく残ること があります。患者さんの体質などにより、医師から事前に説明された期間以上に腫れや痛みが続く方も中には いますが、しばらくすると落ち着いてきます。この場合は、手術で切開した部位が広範囲のため腫れや痛みが 続いているので、インプラント自体の失敗ではない可能性があります。

唇にしびれがある

下の歯にインプラント治療した場合に、しびれを感じる方がいます。下顎の骨の中には神経が通っているので、 インプラントがこの神経を圧迫した場合に(神経を傷つけていなくても)しびれを感じます。 圧迫されたことによるしびれの場合には、傷口の腫れが引くとともに徐々にしびれは引いていく可能性がありま す。

手術後、日常の生活には差し支えがないのか不安

激しい運動やお風呂に長くつかる事やお酒が飲めない事を除けば、通常の生活には差し支えはありません。