大阪のインプラントは当インプラントセンターにお任せ下さい。

最新のインプラント治療設備

最新検査設備と信頼の実績

レントゲンだけでなくCTにて口の中をパノラマで確認できるので確実

OIRMCでは、通常のレントゲン写真だけでなく必ずCT撮影を行います。CT(ComputedTomography)とは、人体に様々な角度からエックス線をあて、輪切りにした状態(断層画像)をコンピュータ上に展開する装置のことをいいます。 今まででの歯科医療における検査はレントゲン写真での検査が主でしたが、CTによる検査を行うことにより3次元画像で細部まで患者様ご自身の歯や顎の骨を確認し、今までのデータより格段に多くの情報を得ることが可能です。インプラント治療では、顎の骨の中にインプラントを埋め込む手術を行うため、事前に CT検査を行うことは、より精密なインプラント治療を可能にするので確実です。

レントゲンだけでなくCTにて口の中をパノラマで確認できるので確実


CTデータをもとに3次元シュミレーションを行うので確実

OIRMCでは、インプラント手術の前にシミュレーションを行います。CTデータ上で大丈夫と判断したが、手術中に骨の形態や骨の質が予想とは微妙に異なっていた場合、埋入位置や術式の変更をしなければなりません。これを防ぐために当医院ではシンプラントという3次元シュミレーションソフトを用いて事前の手術シュミレーションを導入しています。

3次元シュミレーション

シンプラントとはCT撮影のデータを再構築し、多方面から各種測定やインプラント埋入シミュレーションができるソフトです。まず、顎の骨の形態と骨の質を3次元で解析。咬み合わせや歯並び、顎の骨の断面画像を見ながら、精密で確実な情報を歯科医師が把握します。3次元画像では、あらゆる角度から骨や神経、インプラントの状況を立体的に把握します。実際の手術を再現し、審美面と機能面の両方向からの回復を入念にシミュレーション。これらの機能により、綿密な治療計画が立案でき、患者さんにとっては、自分の状態を理解した上でインプラントに臨めます。OIRMCでは、インプラント手術前に、このシンプラントでの治療計画立案や手術シュミレーションを取り入れているので確実です。


インプラント治療を始めてから20年間に多数の実績で確実

OIRMCは、インプラント治療を開始してから20年が経ちます。実績多数のインプラントオペを行ってまいりました。これまで行った多数の手術において、インプラントの成功率は99%以上を誇ります。OIRMCでは、経験豊富なインプラント専門医、口腔外科専門医が手術を行うため、患者さんに確実なインプラント治療をお約束することができます。また、万が一ですがインプラントが保証期間中に抜けてきてしまった場合は、無償で対応させていただきます。追加費用は一切かかりません。